データ作成についてのQ&A

データの作成・入稿に関するQ&Aをまとめました。作成時の参考にしてください。

Q:イラストレーターとはなんですか?
A:アドビシステムズ株式会社が発売しているプロ向けベクトルグラフィックソフトウェアです。印刷・デザイン業界で必須のソフトで、印刷業界では出力の互換性が高く、のぼりや伝票、チラシからポスター、小ページの書籍まで幅広く使用されています。
Q:なぜイラストレーターのデータだけなのですか?
A:できる限り安い価格で、きれいなのぼりをお届けするために、出力の安定したイラストレーターのデータを扱うことにいたしました。また、イラストレーターを使用されるプロユーザーの方は基本的に出力の知識が豊富でサポートに時間やコストをとられることが少なく、結果として低コストを実現できるということが言えます。
Q:イラストレーター以外のデータで印刷できますか?
A:アドビ アクロバットなどでPDFへ変換が可能であれば、出力可能な場合がございます。ただし、それなりに印刷の知識とPDF変換の知識が必要となりますので、お問い合わせください。また、Microsoft Office系のソフトでは色の再現が異なる場合がございますのでお勧めいたしかねます。
Q:Windows版のイラストレーターでも大丈夫?
A:はい、もちろん大丈夫です。
Q:なぜ文字のアウトライン化が必要なのですか?
A:当社では、モリサワ全書体、ダイナフォントOpenType150など多くの書体をご用意しておりますが、現存する全書体を網羅しているわけではありません。また、同じ名前の書体でも互換性がないものもあり、より安全を喫して、書体はアウトライン化して入稿していただいております。
Q:DICなど特色の印刷はできますか?
A:特色での印刷はできませんが、プロセス4色(CMYK)へ近似変換して出力することは可能です。その場合、色によっては再現がうまくいかない場合がございますのであらかじめご了承ください。また、金・銀・蛍光色は原理的に再現ができません。
Q:切れてはいけない文字やイラストを、仕上がりギリギリに置きたいのですが?
A:印刷・断裁精度の問題で、最大5mm程度のずれが発生する可能性がありますので、仕上がりのギリギリの所に、切れてはいけない文字などがあると、文字が切れてしまったり、ギリギリではなく余白がでてしまったりする場合があります。オンデマンド印刷だけでなく、一般的なオフセット印刷でもこのような見当精度の差異は生じますので、より厳密な精度を要求される場合はお問い合わせください。
Q:データ入稿の際の「圧縮」とは何ですか?
A:ネットでデータを送る際に、データのサイズを小さくすることでサーバーの負担を減らします。また、元のデータが壊れるのを防ぐ為にも有効な手段とされています。WindowsXPでは、「右クリック→送る→圧縮(zip形式)フォルダ」でzip形式の圧縮が可能です。MacOSX(10.4tigar以降)では、control+クリックで「***のアーカイブを作成」でzip形式の圧縮が可能です。それ以外のOSでは、こちらをご覧になり圧縮してください。
また、データがそれほど大きくない場合や、圧縮がどうしてもできない場合は、そのままのファイルを送信していただいても構いません。(データ破損の危険性が増えます)
営業日カレンダー
10月の営業日カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
11月の営業日カレンダー
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月曜~金曜日
通常ポンジのみ、13時までの完全データ入稿分が当日発送
※防炎ポンジは翌日発送になります。
土曜・日曜・祝日
休業日:翌営業日発送となります。ご注文は可能です。
※ご注文状況によって締切時間を早めさせていただく場合がございます。

e-collect

会社概要

ページの先頭へ戻る

のぼりのぼり旗のことなら-のぼりshop.com