透けるトーンのぼりデータ作成方法

Photoshopデータ -スポットカラーチャンネルの作成-

白版は「スポットカラーチャンネル」に作成します。チャンネルタブ右上のメニューボタンから「新規スポットカラーチャンネル」を選択します。

「新規スポットカラーチャンネル」ダイヤログで名前を「Spot1」(全て半角でSのみ大文字)とします。必要に応じてカラー(表示色)は、確認しやすい色を設定します。(画面表示上の色で実際の印刷色ではありません。)

Photoshopデータ -スポットカラーチャンネルへのへの描画-

「スポットカラーチャンネル」への描画が白色版に反映されます。ここでの描画色は、グレースケールでの単色設定となりますが、画面表示画面表示上は、設定したスポットカラーの濃度として再現されます。

この例では、白版が下から上に向かって濃度が落ちるグラデーションとして描画として描画しています。

Photoshopデータ -データの保存-

データの保存は、PSD(ネイティブ)形式と配置・出稿用として、Photoshop PDFのPDF/X-4のプリセトで保存します。

Illustratorデータ -特色スウォッチの作成-

アートボードは基本的に仕上がりサイズの裁ち落としなしで設定して下さい。なお、アピアランスなどを使用される場合に、「ラスタライズ効果」の解像度を適切に設定して下さい。

白版は、スウォッチの特色で名前を必ず「Spot1」で設定します。

Illustratorデータ -白版の作成方法-

白版のオブジェクトには、先に作成した「Spot1」のカラーを割り当て、必ず「オーバープリント」を設定します。オーバープリントの設定がされていませんと正常に白版画再現されません。分割プレビューによる確認が便利です。

白版を設定したPhotoshop PDF画像の配置は、リンクではなく埋め込みを推奨いたします。(リンクでも構いませんがその場合、出稿データはPDF/X-4形式を推奨いたします。)

配置された白版を含む画像データは、右図のように、スポットカラー版とそれ以外の版が分割されてリンクパネルに表示されますが、これで正常となります。

Illustratorデータ -留意点-

  • ホワイト版のある配置画像はPhotoshop PDF(X-4)を推奨。
  • イラレ上でのホワイト版は、特色「Sport1」で、オーバープリントを設定必須!
  • オブジェクトの白は、それだけではホワイト版にはなりません!(透明となります。)
  • アートボードは基本的に仕上がりサイズの裁ち落としなしで設定を推奨。
  • 仕上がりに対する「塗り足し」は基本的に不必要です。
    ※オブジェクト仕上がりから、実際の仕上がりまでは透明にしてしまいますので、明確な意図があって、彩色部分で断裁をした場合にはご相談下さい。
  • 出稿データの保存は、aiネイティブが無難です。もちろんPDF/X-4でもOK。
    ※aiの場合には、「書体アウトライン化」と「画像の埋め込み」が必須です。
    ※データの修正の必要がないのであれば、PDF/X-4がベストです。(書体とか画像の埋め込みとか考えずに済みます。)

データ作成時は弊社テンプレートをご使用下さい

営業日カレンダー
9月の営業日カレンダー
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
10月の営業日カレンダー
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月曜~金曜日
通常ポンジのみ、13時までの完全データ入稿分が当日発送
※防炎ポンジは翌日発送になります。
土曜・日曜・祝日
休業日:翌営業日発送となります。ご注文は可能です。
※ご注文状況によって締切時間を早めさせていただく場合がございます。

e-collect

会社概要

ページの先頭へ戻る

のぼりのぼり旗のことなら-のぼりshop.com